REAL vol.070 公開中ぜひ読んでね!

CLICK!
投稿カテゴリー>>>
BLOG発刊のお知らせSNAPおうち企画次号チラ見せ

新進気鋭の大学生ラッパーRin音!昨年2月にリリースした「snow jam」はTik Tokを中心に人気を博し、Spotify国内バイラルチャート1位を記録。YouTubeでも再生回数1500万再生を突破、今年のレコード大賞新人賞にも選ばれています!まさに若者のポップアイコンとして話題沸騰!そしてなんと今月(1月29日)にはZepp Nagoyaでのライブも開催!(※緊急事態宣言の再発令に伴い、新型コロナウィルス感染拡大の情勢を鑑みましてRin音”swipe sheep”RELEASE TOUR「色々あって初ツアーがZeppになっちゃったツアー」の全公演が延期となりました。詳しくはオフィシャルサイト等をご確認お願い致します。)

そんな彼に今回REAL編集部員がインタビューを決行!音楽の話はもちろん、大学生活や就活、SNSへの思いなど同年代だからこそ共感できる等身大の“大学生Rin音”が知れるインタビューとなっています!もちろん自身初となるZeppツアーについても沢山語ってもらいました!

2回に分けてお送りする今回のインタビュー。2回目となる今回は大学生活、そして来たるZepp Nagoyaワンマンライブ(※)について!などなどたっぷり語ってもらっています!!!

取材:たかば・あかりん 文:あかりん

(以下 たかば→た あかりん→あ)

今となれば、あのとき落ちてよかったですよね。

た:学生生活、音楽活動との両立は大変だったのではないでしょうか?

「正直、いまもめっちゃ大変です(笑)。今はあまり学校がないですけど。実は今、卒業研究が結構切羽詰まってて…。今、仕事していて大丈夫かな!?と自分でも思ってます、俺卒業できるかな!?って(笑)」

あ:そうなんですね(笑)!差し支えなければ、どういうことをやっているか聞いてもいいですか?

「僕の大学は医工連携っていって、工学系なんです。医学と工学を連携させて…例えば治療とかに使うロボットのような。その工学のほうを勉強してます。僕がメインでやってるのは、細胞が動いているのを追いかけるトラッキングっていう技術です。」

た:専門的ですね…!

「でしょ?やってられないよって思いながらやるときもあります(笑)。」

た:大学の学びが活きたことはあったりしますか?

「それよく聞かれるんですけど…実はないんです(笑)。僕がいきなり、トラッキングが〜とか、細胞が〜って歌っても多分誰にも分からないので(笑)。」

た:(笑)。歌手の方で自分で歌詞を書かれる方だと、文系の方が多いのかなと思っていました!

「うん…!たしかに。僕は理系ですけど、文系が多いと思いますね。あとは大学ではなくて音楽の専門学校とかに行っている人も結構多いから、僕自身あまり大学の話をしたことはないかもしれないです。」

た:わあ!今回聞けて嬉しいです!いまRin音さんが追われている、卒業研究の締め切りっていつ頃なんですか?

「研究内容をパワーポイントで作成して発表する、発表会が2月頭にあって。論文提出の締め切りは1月後半くらいなんですけど…」

あ:あれ、もしかしてZeppのライブと被ってます…!?

「ゴリゴリ被ってます!これ被ってません?って(マネージャーさんに)言いましたもん(笑)。頑張りますけど…って(笑)。」

た:同時進行で進めていくわけですね。

「同時…というか、卒業研究がちょっと出遅れてるんですけどね!(笑)」

た:大変ですよね…それくらい忙しくなったのはここ1年ですか?

「そうですね。単位は取れる分は取ってたので、卒業研究分だけ取れば終わりです。そこまでコツコツやっていてよかったなあって…授業あったら終わりだったな…よかった真面目で!って思いました。」

た:コツコツ大学生タイプなんですね?

「そうです。1.2年生の時にたくさんとって、3年生は楽してました。」

あ:模範的!!(笑)

「めちゃくちゃきちんと頑張りました!僕最初、教育系の大学に行きたくて。推薦前期後期全部受けたけど、全部落ちたんです。」

た:え、そうなんですか!もともと先生になりたかったんですか?

「そうです!もともと小学校の先生になりたくて。でもマリオカートのバナナか?ってくらい大学に滑ってしまって。(笑)推薦や前期の時期くらいまではいいけど、後期って結構みんな遊んでるじゃないですか?そこでちょっと心が折れちゃった感覚がありました。落ちた大学に行ってる子のアカウント流れてきたら、ブロックしちゃったりもして(笑)。」

あ:それでも、そんな中で音楽を続けていたら自分の中でハマる感覚があったわけですね。

「そうです。だから、今となればあのとき落ちてよかったですよね。」

た:そうなんだ…!たしか、ラップ自体は高校生の頃から聞いてたってお話を拝見したんですけど、ニコニコ動画でR指定さんを見て音楽を始めたんですよね?

「そうそう。熱が出て、ぼーっとゲームで動画を見ていたらたまたま流れてきたんですよね。本当にたまたまです。何にも知らなくて。」

た:ニコニコ動画を見ていること自体すごく意外な感じがしました…!

「見てますよー!ボカロとかずっと聴いてます。」

た:それも今の作品に活きていたり?

「そうですね、最近バズっている人たちは昔からボカロ見ている人も多かったりしますしね。」

た:わたしもそうですけど、世代で何かハマるものがあるのかもしれないですね。

「ね。ハニワとかもみんな見てましたよね〜。でも僕自身、音楽をめっちゃ聴くわけではないので…ゲームばっかりしてるんですよ(笑)。なので、流行には実は疎いです。流れっちゅうもんは速いのう…って。日々ついていくのに必死です(笑)。いまは鬼滅の刃と、呪術廻戦?が流行ってるんですよね?覚えました(笑)!」

た:Rin音さんの曲は、一見ラップみたいな曲が多くて聴きやすいなって感じます。

「自分がホストで、前座でライブしてる人も結構いる中でいろんな音楽をやっているんですけど。自分の好きな雰囲気のもの以外は結構似たように聴こえてしまって、聴けないなあと感じることもあったんです。多分自分のやりたいことはこれじゃないな、って思ったんですよね。」

た:大人の意見に追随するわけではなく、自分の好きな音楽をやる、と決意したってことですか?

「自分の好きなことをやり続けていたら、そのクオリティが上がるんですよ。そしたら、福岡でも認めてもらえるようになる。いま福岡のヒップホップシーンで有名な方や、イベンターさんが応援してくれたりとか、初めの頃からずっと仲良くしてくれた仲間ができたりして。ちょっと人と違うことでも、ちゃんとクオリティを上げれば認めてもらえるんだなと実感はしています。」

僕はね、宗方生まれ都会の男なんで

た:名古屋に来て、何かしたことはありますか?

「さっき、あんかけパスタ食べました!定番って言ってたなあ…どこのなんだろう?名古屋は美味しいものたくさんありますよね。逆に福岡来たことありますか?」

た:ないです!でも、屋台が並ぶところがあったりするんですよね?

「そうです!福岡だとおすすめは、ラーメン、もつ鍋も、あと明太子も美味しいんですけど意外と天ぷらなんですよね。」

あ:天ぷら!初めて聞きました!

「自分は宗方っていう田舎の方出身なんですけど、そこにも自営業の“いかだや”っていうお店があって。福岡にも“ひらお”っていう有名なお店があるんです。天ぷらは結構おすすめです!」

た:いいこと聞きました…!地元でライブをやったことはあるんですか?

「地元はないですね。宗方はホントに田舎なので…。ここ(栄)からしてみたら考えられないくらい田舎なんですよ(笑)。木々があって山があって、大きな道をずっと行ったら海があるっていう…。」

あ:曲を聴くと、とても都会的なイメージがあるので意外です…!自分の目で見てきたものの中で都会の雰囲気を培ったんですか?

「僕はね、宗方生まれ都会の男なんで(ドヤ)(笑)。でもたしかに、言われてみたら田舎の雰囲気のある歌って出してないですよね。多分、トラックメーカーの方の影響が大きいかもしれないです。あんまり(木の楽器とか)和の雰囲気の曲は出してないので。RhymeTubeさんだったり、友人のShun Marunoの影響かな。一人一人色味が違うんですけど、たしかに木の音色とかを使う人はいないかなあ。」

あ:これからそういうのも…!?

「木をずっと叩く音ってのも入れたら斬新かも…!?(笑)」

た:今は福岡に住んでいらっしゃるとのことでしたが、これからも福岡から音楽を発信していく予定なんですか?それとも、将来的には東京に?

「いや、今はTune Coreといって、福岡からサービスで各種配信サービスに曲を出せるんです。YouTubeも出せるし、あんまり福岡にいても支障がないんですよね。だから今もこれからも福岡にいる予定です。テレビ収録で東京に行くのは毎回大変ですけど(笑)。飛行機で片道1時間半とかかかるし、首めっちゃ痛くて…!

でも都会が苦手なので、これからもゴリゴリ福岡にいます!(キッパリ)福岡は居心地いいですしね。」

あ:これまで一緒に活動されたり、今度Zeppで共演される方も、みなさん地元が近い方ですか?

「クボタカイはもともと宮崎で、専門学校に進学して福岡に出てきていたところで出会ったんです。asmiは大阪の人なんですけど、事務所のマネージャーさんから教えてもらって。彼女もいま大阪にいるし、クボタカイも宮崎です。みんな東京にいないんですよね。」

あ:なんだか時代を感じます。東京にいなくてもそれぞれの場所から発信ができるんですね…!

「そう。東京行かなくても活動できてます。ホントに、渋谷はちょっと怖くて苦手なので(笑)。福岡だと、都会の天神でも結構好きなんですよね〜。天神!って書いてあるところです。おすすめです!」

仲間達とステージ上がれるのはすごく感動します。

た:話は変わりますが、(※)Zeppライブが決まりましたが何か意識は変わりましたか?

「僕自身ツアーずっとやりたかったんですけど、なんだかんだでコロナとかで流れちゃったりして…気づいたらZeppになっちゃって。」

た:すごいですね。気づいたらZepp!

「そうですね、まあ色々あったんですけどね。でも気づいたらZeppになっちゃって、ああみたいな(笑)しかも僕はい、はい、はいって頷いてたらなっちゃって。

でもその分コロナ禍の中でも音楽やってきて、リハーサルとかも通していいものになるのは保証できるので是非とも遊びに来てください!」

た:ぜひ、見所を教えてください!

「僕が立って歌うところですかね!(笑)」

た:了解しました(笑)!今回ゲストの方もいらっしゃいますよね。

「そうです、“クボタカイ”っていう音楽一緒に始めたやつとか、途中で知った“asmi”とか。」

あ:仲間とZeppに立つことについてはどうですか?

「ずっとやってきてこんなになると思ってなかったし、あいつも多分思ってなかったと思うし、クボタカイも今上がってきているし、そんな中で俺も違う方向で上がってきてて、空音っていうのもいるんですけどそいつも今上がってきてる。みんなまだまだな頃から曲を作ったけど、その時から惹かれあってたと思う。その仲間達とステージ上がれるのはすごく感動します。」

あ:物語性を感じますね!

た:それこそM Cバトルから入ってやってきてアーティストとしてライブをするってまた違うと思うんですけど何か変えたりとかしますか?

「M Cバトルって敵なんですよ。明確に敵がいるしお客さんも全然敵だし、それをどう味方にするかっていう感じなんですけど、ライブは全員味方なんで楽です。何言っても盛り上がってくれる。優しいなお前らって(笑)。バトルとかより気は楽ですよ。」

た:最後になってしまいますが、Zeppライブに向けて意気込みなどありますか?

「そうですね、衣装も可愛いので!マジ可愛い衣装を着てステージの上で踊ります…!」

編集部一同:踊るんですか!?

「いや、踊らないです(笑)。」

た:それくらいの気持ちでってことですね(笑)。

「そう、それくらいの気持ちでやります!心が躍り、身は歌う気持ちです。全力でやるので、是非とも来ていただけたらと思います。スケールの違うステージになっていると思うので!チケットもまだあるので、REALのみなさんも名古屋を盛り上げてくださいお願いします…!」

た:はい!是非!最後に、webで見てくれているREALの読者にメッセージをお願いします。

「そうですね、なんだろうな…(少し考えて)。自分の趣味や好きなことは、頑張って続けてくれたら嬉しいなと思います。僕の見つけた好きなことでもある歌を聴きに、Zeppにも来てくれたら嬉しいです。」

前後編2回に分けての大ボリュームでお届けいたしました!いかがでしたでしょうか?アーティストとして、または同じ大学生として、Rin音さんのREALな姿を知ることができました!

Rin音さんのこれからのご活躍をお見逃しなく♪

公式サイト:https://rinne-neonetyankee.com/

Twitter:https://twitter.com/rinne09010?s=11

Instagram:https://instagram.com/rin_ne.na?igshid=47fpcyijamje

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です